曲がるラインはボールの位置を変えてアマラインに外さないようにしよう

コースに出ると、ついついフックラインでは引っかけ、スライスラインでは押し出してアマラインに外してしまいがちです。

今回は、それを防ぐためにボールの位置を変えて調整する方法について考えてみましょう。

 

当ブログ公式アカウントです。気軽にフォローよろしくお願いします!

ゴル兄(@gorunii79)

スポンサーリンク

アマラインに外れたボールは絶対に入らない

まず、アマラインとはボールが曲がっていく方向に曲がりすぎて外れてしまうラインのことですね。

スライスラインなら右サイド、フックラインなら左サイドに外れてしまうラインです。

逆に、アマラインとは反対側のサイドに外れてしまうのはプロラインと呼ばれますね。

 

基本的にボールは重力の影響を受けてグリーンの高い位置から低い位置に向かって曲がって行きます。

そのため、アマラインに外れた瞬間にボールがカップインする可能性は限りなくゼロになってしまいます。

(まれに芝目が傾斜に勝つことがありますが、ベントグリーンではそうそう起こることではありません。)

 

また、特に傾斜が強いラインでアマラインに外してしまうと傾斜に乗ってボールがどんどんカップから離れて行ってしまうこともあります。

 

したがって、アマラインに外してしまうことは絶対に避けたいわけです。

ここで注意しなければならないのは、曲がるラインは立ち位置の傾斜でアマラインに外してしまいやすいということです。

 

パッティングでも傾斜への対応が必要

ショットと同じように、パッティングでも立っている場所に傾斜があれば打ち出しの方向に影響を与えます。

そのため、私は傾斜に対応してアドレスを変えているので、それをご紹介したいと思います。

 

スライスラインの場合

スライスラインの場合は、立っている位置はつま先下がりになりやすいです。

ショットの時をイメージすると分かりやすいと思いますが、スライスラインはボールを右に打ち出してしまいがちです。

 

そのため、私はスライスラインではボールを普段よりも左足寄りに置くようにしています。

そうすると、普段よりもフェースがターンした状態でインパクトを迎えやすいので、右に打ち出してしまうのを軽減することができます。

 

フックラインの場合

逆に、フックラインの場合は立っている場所がつま先上がりになりやすいです。

なので、フックラインの場合はボールを左に打ち出してしまいがちです。

 

そのため、フックラインではボールを普段よりも右足寄りに置くようにしています。

そうすることで、普段よりもフェースがスクエアに戻る前にインパクトを迎えやすいので、左に打ち出してしまうのを軽減することができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、曲がるラインでアマラインに外さないために、アドレスで傾斜に対応する方法を紹介しました。

打ち方で調整する方法もありますが、構えだけで対応した方がシンプルでミスも少なくなるのではないかなと思います。

 

このように傾斜に対応することで、狙った方向に打ち出しやすくなってカップインの確率が上がると思います。

平らなパターマットでは入るのに、コースではなかなか入らないという方は、ぜひとも傾斜地でのアドレスを見直してみてはいかがでしょうか。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

記事が参考になったという方はバナーを押して応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村